Short Board

ショートボードとは

波に合わせて激しくアグレッシブなサーフィンが可能なボード。

体型に合わせてボードの浮力を選ぶことが重要で、レベルに合わせて浮力を少しずつ落としていくと、よりアグレッシブに動かすことができます。

初心者のうちに浮力を落としすぎるとバランスが取りづらく、パドリングも大変になります。

そのため初心者の方は、サーフショップの店員さんに相談をしながら、ボード選びをすることをおすすめします!!

あまりにも「体重」と「レベル」に合っていないボードを選んでしまうと、サーフィンが辛く、面白くなくなってしまいます。

 

主に6’6”(198.12cm)以下のものをショートボードと呼びますが、最近ではノーズ部分が丸いものや、ボードの幅が極端に広いボードもあるため、一概には決めつけられない分類のボードも数多く存在します。

 

一般的にショートボードというカテゴリに分類されるものとしては、最大で長さが6’6” 程度・幅/最大約50cm程度・厚み/最大約6.5cm程度、以上のスペック以下のものでノーズがすこし細く尖っていれば、ショートボードのカテゴリに属します。

 

※同じ長さのボードであっても、ノーズが丸みをもっていて、幅/約53cm以上・厚み/約7cm以上 などの幅広/厚めな ボードはファンボード(ミッドレングスボード)に属してくる感じとなります。

 

基本的には先が細く尖ったボードは基本的に「ショートボード」と考えて問題ありません!!

ノーズ部分(先端)が丸い場合でも、6フィート以下であればショートボードという分類にあてはまります。

Fun Board

ファンボード/ミッドレングスボードとは

体型に合わせたサイズより大きめの浮力をとって楽しくサーフィンをすることをコンセプトに考えるのが「ファンボード」です。

小さい波でも楽にサーフィンすることができます。

ショートボードのようなアグレッシブな動きはできないので、楽しく=”FUN” なサーフィンをしたい人向けのサーフボードです。

最近ではミッドレングス(Mid Length Surfborad)と呼ばれ、密かに流行ってきているスタイルです。

どれだけ楽しくサーフィンするかは、「レベル」や「体型・体重」から選ぶのがコツになってくるので、初めのうちはショップ店員と相談しながら決めるのをおすすめします。

Long Board

ロングボードとは

長さが9フィート以上(270cm以上)の大きなサーフボードが「ロングボード」です。

ショートボードやファンボード / ミッドレングスボードに比べると、一番波に乗るという点では簡単で、すぐにテイクオフをして立つことができるサーフボードです。

上達すると、ボードの上で歩いたり、ボードの先端に両足を揃えて乗ったりなど、海の上でゆったりと乗りながら巧みな技を競うことができるのが魅力です。

近年ではロングボードでショートボードのような技をするサーファーも増えています。

ロングボードの大会に出場したい場合には以下の規定をクリアしていないとファンボードとみなされるため、大会・コンテストに出場を目指している場合にはボードサイズも確認して購入しましょう。

ボードの長さはデッキ上で最低9フィート、幅の合計が47cm以上の大きさでなければならない。幅の合計とは、最大幅とテールから12インチ、ノーズから12インチの各幅の合計である。

サーフボード取り扱い時の注意

サーフボードのみに限らずソフトボードも同様に、購入後は以下のことに注意して取り扱いましょう。

​サーフボードは熱に弱い

  • 真夏の車内に置きっぱなし

  • 日差しの強い場所に置きっぱなし

  • 熱い砂浜の上に置く

上記のような環境下では、サーフボードに破損/剥離やボードにねじれが発生してしまいます。

​海に入るとき以外は出来るだけ日陰で風通しのいい場所に置きましょう。

Copyright(c) 2017 maniac Co.Ltd All Rights Reserved.

  • MANIAC-mail
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon