キャリアに積む際のポイントと注意点

サーフボードはボトム側を上にし、風の抵抗でボードが飛ばされないように、テールが前にくるように積みましょう。

またサーフボードの表面はデリケートなので、ハードケースにいれてベルトを締めてください。

※ニットケースでも問題ありませんが、ハードケースが一番好ましいです。

ボードに直接ベルトを当てベルトを締めてしまうと、サーフボードが破損する危険があります。

使用するベルトも、幅広でクッションがあるものを選ぶのがおすすめです。

車内に積む際のポイントと注意点

サーフボードはボトム側を上にし、風の抵抗でボードが飛ばされないように、テールが前にくるように積みましょう。

またサーフボードの表面はデリケートなので、ハードケースにいれてベルトを締めてください。

※ニットケースでも問題ありませんが、ハードケースが一番好ましいです。

ボードに直接ベルトを当てベルトを締めてしまうと、サーフボードが破損する危険があります。

使用するベルトも、幅広でクッションがあるものを選ぶのがおすすめです。

サーフボード取り扱い時の注意

サーフボードのみに限らずソフトボードも同様に、購入後は以下のことに注意して取り扱いましょう。

​サーフボードは熱に弱い

  • 真夏の車内に置きっぱなし

  • 夏の日差しが強い日にキャリアに載せたまま

上記のような環境下では、サーフボードに破損/剥離やボードにねじれが発生してしまいます。

​出来るだけ日陰で風通しのいい場所に置きましょう。

Copyright(c) 2017 maniac Co.Ltd All Rights Reserved.

  • MANIAC-mail
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon