top of page
  • 執筆者の写真MANIAC Surf Shop

HOUSE OF BALLET


最近もっぱらゴルフ系YouTubeばっかり観ちゃっている TE2 こと高橋です!


12月を迎えようとしておりますが、本日は少し湿度も高いせいかパーカー1枚でも過ごせちゃうほどの心地よさがありますね。


室内の暖房は逆に暑いくらい。


そんな本日は、特にセールやらの告知ではありませんが、私的に最近気になるブランドのご紹介です。



HOUSE OF BALLET ハウス オブ バレエ " BALLET GRIP COMPANY " 上品でシンプルなボードを美しく見せるラグジュアリーデザインに、機能性を重視した オーストラリア、NSW発のトラクションブランド. Founder の Jamie と Seb はハイファッションレーベル等からインスピレーションを得て、強力なブランドアイデンティティーを浸透させ、 サーフ業界にユニークな美学を生み出そうと2020年にローンチされました。




オーストラリアの東海岸に位置し、シドニーを州都とするニューサウスウェールズにて産声を上げた新進気鋭のサーフギアカンパニーです。


正直な話、最前線で活躍する豪華なライダー陣を抱える FCSやCREATURE、OCTOPUS などと比べると現時点では大物ライダーを多く抱えているブランドではありません。


ただレジェンド枠では、80年代から90年代初頭にツアーで活躍し一時ランキング1位だったこともある、知る人ぞ知る Brad Gerlach(ブラッド・ガーラック)がアンバサダーとして携わっています。

また、ブレイクするであろう若手ライダーも抱えており、クールなブランドコンセプトが支持され本国をはじめ世界中でジワジワとその人気を築き上げてきている。


そんなギアブランドです。


2020年のローンチ当初は、ブラックとホワイトの2カラー展開のみのグリップでリリースされ、プロモーションなんかも非常にクリーンでクールなイメージで行っていました。

ブランド説明にもある通り、上品でありシンプルなデッキデザインで "大人" な印象。


今年に入り新たなデザインのデッキパッドもリリースされましたが、当初のブラック/ホワイトのみのデザインから1歩進み、カラーも取り入れたデザインが若干リリース。


しかし、他サーフブランドに多く見られるサーフ業界の代名詞的なビビッドカラーやポップなデザインは一切なく、あくまでも "クリーン" なデッキデザインを貫き展開数を増やしました。


FCSやCREATUREのポップなデザインとも、OCTOPUS のシンプルなデザインとも違う、

BALLET オリジナルの、BALLET にしか出せないクリーンなデザインのギアは、大人なサーファーに是非ともオススメしたいアイテムでございます。


今新しいボードをゲットしたならば、間違いなくこのブランドのデッキパッドを選ぶだろうな、という感じです。



さて、ここからは肝心のアイテム紹介。



まずはこちら。




SWAN SERIES

左 - WHITE 右 - BLACK


BALLET のローンチと共に世に送り出された記念すべきファーストモデルでありフラッグシップモデル。

非常にシンプルなデザインで、どんなサーフボードにもマッチするデザイン。

人気の OCTOPUS(オクトパス)や FCS などのシンプルなデザインのフロントグリップとの相性も抜群。  ¥ 6,600 (税込)




続いて、日本では今年からリリースされた 2nd モデルたちのご紹介。




ANTI-SLIP

ブラックにバーガンディーカラーが効いたデザイン。

スクエア形状のグルーヴと、ややざらついた加工の表面が名前の通りのしっかりとしたグリップを提供。

実物は2枚目の写真に近く落ち着いたカラーリングになっています。  ¥ 7,150 (税込)




CONCRETE

グレーカラーのシンプルなデザイン。

2ピースでアーチバーはなく、コーデュロイグルーブなのでほど良いグリップ感と、テールキックへの足の移動もしやすくなっています。

実物はもう少し落ち着いた黄色みがかったグレーカラーです。  ¥ 7,150 (税込)




TWO-STEP

珍しいカッティングの4ピース仕様で、レトロフィッシュやオルタナティブボードにマッチするよう設計された、ワイドなデザイン。

コーデュロイに加えて更に等間隔に深い溝を設置した特徴あるグルーブ。

コーデュロイグルーヴよりもグリップしやすくなっています。

後方には低めのキックを備えています。  ¥ 6,820 (税込)




SINATRA

レーザーエッジングのロゴがさりげなく入り、ボードデザインも邪魔しないシンプルなデザインで、クリーンなオールホワイトのフロントデッキ。

ウェットスーツのダメージ、ボードショーツでのサーフィンの際の肌へのダメージを軽減してくれるコーデュロイ仕様のグリップです。

WAX を ON-OFF する手間がかからず、サステナビリティの面でも環境に貢献できるフロントデッキは、近年使用する人も多く非常に人気のスタイルです。  ¥ 6,600 (税込)




以上が現在リリースされているグリップの一覧となります。


非常にシンプルでクリーンな印象を与えてくれるデザインばかりで、どんなデザインのボードにも合わせやすいこと間違い無しです。



そしてなんとつい先日、待望のリーシュコードもリリースされました。

他ブランドのようにカラーを多くラインナップするわけではなく、BALLET らしく 1st モデルではホワイトのみの1色展開。(今後増える可能性もあるのでお楽しみに。)

PRO 6 FT  ¥ 5,390 (税込)


REGULAR 6 FT  ¥ 5,610 (税込)


MID-LENGTH 7 FT  ¥ 5,720 (税込)


LOG 9 FT CALF (ヒザ用)  ¥ 5,940 (税込)



非常にシンプルなデザインで、どんなサーフボードにもマッチするデザイン。

カフの内側にはグロスコントラストのピルエットロゴプリントが入り、滑りを軽減します。


展開サイズはショート2サイズ、ミッドレングス、ログ の計4種類展開となっています。


リーシュコードは消耗品ですので、正味な話何本でも持っていたいアイテム。

他ブランドの製造する専門工場での生産のようなので、品質としても間違いのないリーシュコードになっているかと思います。


近々僕も試してみようと思っています。




さて、いかがでしたか?


非常にシンプルなデザインのデッキ、リーシュコードで気分一新。


今季大注目のイチオシブランドのご紹介でした。


実店舗・当店オンラインサイトの他に、楽天市場店、Yahoo店でももちろん販売中ですので是非一度ご検討ください!!



- Yukihiro "TE2" Takahashi -






閲覧数:248回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Kommentarer


bottom of page